ヘッダー画像

自分に一番合う映画見放題サイトを探しましょう

無料視聴でお試し
まずは無料視聴で確認しましょう
現在はテレビよりも通信技術の発達により、様々な番組を家にいながらにして受けることができるようになりました。 映画見放題の動画配信プランというものも、通信技術の発達によって可能となったシステムのひとつです。 このサービスは現代日本を始めとして世界各国で高い人気を誇っていますが、その背景には様々な要因が絡んでいます。 ですが中でも最も大きな背景として存在しているものといえば、パソコンだけでなくドコモのスマホやタブレット端末といった、これまでの携帯端末よりも遥かに大きく美麗な液晶画面を搭載した機器の普及が進んだということでしょう。 日本国内においては特に近年におけるiphoneの普及が大きな要因となっています。 2010年には日本に約1000万台しか出荷されていなかったデバイスはその翌年の2011年には約2500万台が出荷されたという記録もあり、たった1年という短い期間で出荷台数は2.5倍と凄まじい急成長を見せました。 その後も出荷台数は年々増加傾向にあり、12年には約3100万台、2013年には約3400万台が出荷されたとされています。 2010年から2011年に掛けて1500万台も出荷台数が伸びたということを鑑みると、一見するとAndroidの出荷台数増加ペースは落ちているようにも見えます。 ですがこれはスマホへの需要が落ちたということではなく、無料視聴するためにソフトバンクやauのiphoneを欲しいと考えていた人の多くは既に端末を手に入れたと考えるべきでしょう。

価格だけでなくチャンネルや画質も異なる映画見放題サイト

契約会社の提携
自分の見たいものがなければ意味がありません

今までの携帯電話やパソコンより遥かに大きく美麗な画面で、たとえ自分がどこにいようと、何時であろうと画像や動画を楽しめる環境が構築されたということは、映画見放題配信サービスが普及した背景にあると断言して良いでしょう。 また映画見放題配信サービスが人気になった理由は他にもいくつか挙げることができます。 例えば日本においては根強い海外ドラマ人気が存在していますが、こうしたドラマは一般のテレビで見ることは中々できないものであり、かつ以前から続いていたドラマシリーズなどになると、レンタルDVDで借りてみたとしてもその金銭的負担は非常に大きなものとなっていました。 ですがここに定額で映画見放題というサービスが登場すると、1シーズンをレンタルで鑑賞するのと同等か、それより多少なりとも安い価格でドラマシリーズの全てを見ることができ、かつ今まで興味の無かったほかの作品も同様に見ることができる状態が作り出されます。 そしてある程度が広がった瞬間、同じドラマを見ている友人や知人といったつながりを通じて爆発的にサービスの知名度は上昇していくこととなったのです。 こうして人気になった映画見放題サービスには、無料視聴など様々なメリットが存在しています。

大手の企業の映画見放題サイトは安全です

有名な大手で
価格よりもやはり信頼度が異なります
まず最も大きなメリットとして上げられるのが、先にも触れた「定額で見放題」という点です。 月額1000円前後の支払いさえ行えば、サービスを提供しているサイトに存在している最新作であればどのような作品を何回見ようと追加の支払いが無いということは、非常に大きなメリットとして扱うことができるでしょう。 特に先述したような海外ドラマシリーズ、特に長編のものとなるとDVDにして1シーズンあたり10本を越えることも珍しくありません。 もし1本100円でレンタルができたとしても支払うこととなるのは1000円であり、シーズン2やシーズン3というように続きを見ていくと、一月に数千円を支払うこととなるということを鑑みると、その費用対効果は非常に大きいものがあるといえます。 同様に大きなメリットとして挙げられるのが「端末さえ使えればどこであろうと視聴ができる」という点です。 今まで話題作を家で見るような際には、椅子に座ってテレビなどに向かっていなくてはなりませんでした。 ですが映画見放題の無料視聴や動画配信サービスの多くはパソコンだけでなくタブレット端末やiphone端末といったものに対応をしているため、例えリビングにしかテレビが無いというような家庭であっても、観る場所の制限を課せられずに作品を視聴できるようになったのです。

映画見放題サイトの無料視聴だけでかなりお得に見れます

初心者への注意
複数社を探して無料視聴してみましょう
またチャンネルによっては途中までをパソコンで視聴した後に一時中断し、タブレット端末に持ち替えて市長を再開したというような場合であっても、視聴を停止した箇所から再生が可能であり、複数の端末で視聴することを前提としたシステム作りなどを心がけている場所もあります。 加えて「貸し出し・返却の手間が無い」ということも大きなメリットでしょう。 今までのレンタルDVDであれば、観たいと思った作品があればまずは店舗に赴き、棚に並べられた数千本のDVDの中から一本を探し出し、カウンターで代金を支払うというのが貸し出しの手続きとなっていました。 同様に返却の際も事前に定められた期限内に店舗に赴かなくてはならず、それが一般化していた、チャンネル提供のためには必要だったというような事情があるにしろ、その在り方には少なからず消費者への負担がありました。 対して映画見放題サービスの場合は自宅で番組を提供しているサイトなどを開き、観たいと思った作品などのタイトルを入力し、見つかれば再生ボタンを押すだけというような状態です。 端末さえ手元にあれば一歩も歩くことなくシネマを見ることができるというシステムのあり方は、ユーザーの負担を限界まで軽減したものであるといえます。 特に昨今は労働の激務化などで休日であっても時間が惜しいという人が多く、こうした負担の無いサービスが強く求められる環境が構築されていたということもあり、この点はユーザーに広く受け入れられる要因ともなりました。 現代の社会において、こうした状況は「存在して当然」のものへと変容しつつあります。 また今までは市場に参入していなかった事業者の参入も広く見られるようになり、市場におけるユーザーの選択肢はハイペースで増加しています。 こうした高速通信を活用したシステムは今後も増加していき、人気もより高くなることこそあれど、衰えることは無いと予測されています。 テレビ以降、高性能な端末が個人により普及したということを背景として市民権を獲得した映画見放題サービスの成長は現在、さまざまな市場から大きな期待を寄せられているのです。

月額


スマホ


オンデマンド


アプリ


アニメ